忍者ブログ
  敬愛するエーリッヒ・ケストナーの名作「飛ぶ教室」より名前を拝借。Das fliegende Blog 、略して「飛ぶログ(?)」。 成田けいの他愛もない日常をぽつりぽつりと綴ってみます。記事の内容と掲載日時は必ずしも、というかほとんど合致しませんので、ご了承くださいませ。
2017-051 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 04 next 06
7  6  5  4  3  1 

ここしばらく体調が優れず、日記を書く気になれずにいた。いきなりかよって感じではあるけど、無理せず書きたいときだけ書こう。

もともと中途半端なものを表に出すのは気が引ける性格。だから日記一日分さえもホントは吟味して推敲を重ねてからアップしたい。でもそんなことしてたら絶対長続きしないって思うから、ほどほどにいきます。

実はまだ咳がとまらない。でもちょっと元気になったしね、せっかくだから。

 

先日、初めてノリタケの森に行った。

いつでも行けると思うと意外に行かない。これ真理。

ずっと気になりつつ足を運ぶことがなかった。高校時代の友人が帰省する、ということで彼女を誘ってデート?がてらやっとこさ行ってみた。

良かったのは、まず外観。名駅にこんなオアシスが…と驚いた。きれいに刈られた芝生、傍らにレンガ造りの建物。キラキラ光る水路。趣味なんだろう、三脚立てて写真を撮ってる人もいた。そのくらい絵になる空間がそこに。

それから工房。正直、皿や壷以外の陶器(人形とか)ってどうやって作られるのかいまいちわからなかったけど、実際に目の前で職人さんがやるのを順を追って見ていけるのはおもしろかった。すごーい細かい手作業ですよ。そりゃ高いわけだと納得。

そしてなによりオールドノリタケ。ため息の出るほど豪華で煌びやかな器の数々。そりゃ引き出物にはノリタケですわ、あたしだって欲しい!

残念だったのは、手荷物を預けるクロークもコインロッカーも無かったこと。重い荷物を持っていたのでちょっとつらかった。美術館を名乗るならこれは必要、ぜひ設置してほしい。

いろいろ見学したあとカフェコーナーでお茶した。もちろん出てきたのはノリタケのティーカップ。の、かなりシンプルなやつ。紅茶もノリタケティーとやらを選ぶ。うふふ。

友人は今秋結婚する。準備はいろいろ大変そうだけど、10年越しの恋、ぜひステキな式を実現させてほしい。芝居の稽古と重なって出席できないかもしれないのが、本当に本当に心の底から残念。まだわかんないけど…。こんなときはさすがに芝居の代わりに大切なもの失ってるんじゃないかと、ヘコむ。

次はサンドイッチ持って行って芝生の上で食べたいな。ベンチもあったし、家族連れもたくさん来ていた。お金のかからないのんびりデートしたいときにはおすすめの場所かな。

 

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
無題
ん~、ノリタケの森っておしゃれなんね~。
なんだか工場みたいなところを想像しとったわ~、イイね☆
松井真人 EDIT
at : 2006/09/30(Sat) 23:44:42
そなんすよー。
あたしも行ってびっくり!
ちょっとヨーロピアンテイスト薫る、マダム受けしそうな空間でした。レトリバーがフリスビー追いかけてそうなイメージ?
なりけい EDIT
at : 2006/10/02(Mon) 23:52:10
TRACKBACK URL 
ノリタケ 皿・・・ひろみちおにいさんといっしょ
ひろみちおにいさんといっしょ最初の歌のときの 石橋貴明の立ち方とノリタケの「どんどん前に出てきちゃう子供」のまね がおもしろすぎる。。。あと「別に」も。ノリタケ ホーロー両手鍋 花柄  2.8Lノリタケ ホーロー両手鍋 花柄 2.8L 日本が誇る世界最大級...
URL 2007/03/15(Thu)01:54:59
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/06 NONAME]
[02/12 まみまみ]
[02/06 けい]
[11/30 パパ]
[06/07 なりけい]
プロフィール
HN:
成田けい
性別:
女性
趣味:
芝居 睡眠 自転車旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
カウンター
"成田けい" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]