忍者ブログ
  敬愛するエーリッヒ・ケストナーの名作「飛ぶ教室」より名前を拝借。Das fliegende Blog 、略して「飛ぶログ(?)」。 成田けいの他愛もない日常をぽつりぽつりと綴ってみます。記事の内容と掲載日時は必ずしも、というかほとんど合致しませんので、ご了承くださいませ。
2017-111 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 10 next 12
221  219  218  217  216  215  214  213  212  211  210 

07-07-16_12-08.jpg

博物館網走監獄。

む、むごい、むごすぎます。いくら罪人とはいえ…。
冬の夜はマイナス20度まで下がる網走、暖房を焚いてもせいぜいマイナス5度程度にしかならない。そんな中で就寝し、朝起きれば命をかけた重労働が待っている。07-07-16_12-12.jpg
それは北海道に道路を築くこと。未開の山をただひたすら人力で掘り進む。
途中熊に遭遇しても、足かせのせいで逃げることはできない。寒さと重労働で力尽き、はたまた熊に襲われ、次々と死んでいく囚人たち。明治政府は「北海道の開拓に無対価で労働力を使うことができ、さらに囚人が死ねば監獄経費の削減になる」と意に介さず…。
そうやって築かれたのがいまある幹線道路なのだそうです。北海道に行くと何気なくレンタカーや自転車で通り過ぎるあの道。それは無数の囚人達の屍の上に築かれたものなのです。そう思うとすごくありがたくて、今度来たときはもっと走る喜びを噛み締めようと思う。

建物は明治の香漂う、重厚で美しい造り。これも大工の囚人さんが作ったんだって(というか作らされたのだけど)。自分の入る監獄を自分で作るなんて…なんてパラドクスかしら。

網走監獄では監獄料理を食べることができます(当時のものではなく、現在刑務所で実際に出ている食事)。来る前は話の種に食べてみようかと思ってたんだけど、上記の史実を聞いたらなんかせつなくて食べたい気持ちが失せてしまった。

さて、気持ちを切り替えて!お次はオホーツク流氷館いってみよぉー♪

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/06 NONAME]
[02/12 まみまみ]
[02/06 けい]
[11/30 パパ]
[06/07 なりけい]
プロフィール
HN:
成田けい
性別:
女性
趣味:
芝居 睡眠 自転車旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
カウンター
"成田けい" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]