忍者ブログ
  敬愛するエーリッヒ・ケストナーの名作「飛ぶ教室」より名前を拝借。Das fliegendes Blog 、略して「飛ぶログ(?)」。 成田けいの他愛もない日常をぽつりぽつりと綴ってみます。記事の内容と掲載日時は必ずしも、というかほとんど合致しませんので、ご了承くださいませ。
2017-041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 03 next 05
85  84  83  82  81  80  79  78  77  76  75 
c203c628jpeg中標津空港到着!
前日(いやむしろ当日)30分しか寝てなかったので、中部~千歳間も千歳~中標津間も眠りっぱなしだった。なぜそんなに寝れなかったのかというと、まず忙しくて荷造りが直前にしかできなかった。そのうえネットで注文したフロントバッグが店の手違いで前日までに届かなかった(慌てて別のものを違う店で買った。あれが欲しかったのに~)。さらに、自転車が空輸中に壊れるのが心配で借りたレンタルハードケースが、ハンドルを取らないと入れられない構造で、しかし私の自転車のステムはカパッと外れるタイプでなかったため、ブレーキレバーを外してワイヤーをかわしてハンドルを抜かなければならず、その慣れない作業にかなり手間取った。
という最悪の前日のせいだった。ほんともう一時泣きそうでしたよ。
そんな苦労を乗り越え北海道の大地に降り立ったわけです(厳密には千歳ですでに降り立ってます)。

中標津空港はすごくちっちゃくて、木の造りの感じがすごくかわいらしい空港です。言うならば「森のキツネさん」みたいなイメージ(?)。
し、しかし、機内でのアナウンスに嘘はなかった…。「現地の気温は13度です」
うそおお!と思ったけどホントだった。めちゃんこ寒いーーー!!!
この空気の冷たさは名古屋の10月か11月。空港のおにーさん曰く、2.3日前から急に寒くなったとのこと。あ、現地の人でもやっぱ寒いんだね。少しホッ。
昨夜(くどいようだが厳密には今朝)の悪夢にくらべれば、かなりスムーズにハンドルを戻し、自転車を組み立て、ハードケースを郵送し、さあ出発!しかしゴム製のグリップだけは人力だけではまらないので、中標津市街の自転車屋に行ってはめてもらうことに。
いざ街を目指して漕ぎ出します。空はどんより曇り空。当然漕げば前から寒風が…「寒いー!」しか言えません。だっていかに涼しく走るかってコンセプトで服を選んできたんですから。夜用の上着をさっそく着ることになるとは…。
人のいない広ーい道を走ってると、ああ北海道に来たんだなって実感します。広い路肩に駐車車両は1台もなく、ときおりすれ違う車の少ないこと…ああ快適、気温さえ上がれば…。

いよいよ始まった北海道ツーリング、果たして無事旅を全うすることができるのか(できたから書いてるんだけどね)?ぼっつりぼっつり綴っていきます、乞うご期待。
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/12 まみまみ]
[02/06 けい]
[11/30 パパ]
[06/07 なりけい]
[02/10 パパ]
プロフィール
HN:
成田けい
性別:
女性
趣味:
芝居 睡眠 自転車旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
カウンター
"成田けい" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]