忍者ブログ
  敬愛するエーリッヒ・ケストナーの名作「飛ぶ教室」より名前を拝借。Das fliegende Blog 、略して「飛ぶログ(?)」。 成田けいの他愛もない日常をぽつりぽつりと綴ってみます。記事の内容と掲載日時は必ずしも、というかほとんど合致しませんので、ご了承くださいませ。
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
788  787  786  785  784  783  782  781  780  779  778 
すみません。ちょうど1年ほったらかしての「その2」です。
もう「その1」の内容なんて誰も覚えてないねーふふ。


さあ今度は生口島に上陸!

天気もいいし、心ウキウキです。
道はほとんど平坦なので、すいすい走れて気持ちいい。

この島ではサイクリスト御用達のジェラート屋さん「ドルチェ」に立ち寄りました。
店内に新城選手のサイン入りの写真も飾ってありましたよ。
ツーリングメンバー全員、レモンとか夏みかんとか瀬戸内名産の柑橘系プラス、伯方の塩のダブルで注文。

そして全員が意外なことに「…伯方の塩、うっま!!」と塩ジェラート絶賛。
え、塩は瀬戸内レモンのおまけじゃないの?
確かにそのつもりで注文して、もちろん柑橘系も美味しかったのですが、優しい塩のしょっぱさがクリームと相性良くて…。
あと、汗かいて塩分減ってたのもあるのかなぁ。
なんか、あと引く美味しさでした。
ちなみに翌日の帰りもここで塩ジェラート食べちゃいました。

…んーやばい。1年も空けたから細かいこと覚えてない。
サクサクいきましょう!

エネルギー補給したら海沿いを西へ西へ。
そして私は見逃さなかった。
海から少し離れ、やや街中を走るとそこに現れたのは「平山郁夫美術館」。
事前にツーリングのの予習はしてたけど、 「へーここはノーチェックだった」と足が止まりかける。が、他のメンバーたちはシャーと美術館横を走り過ぎていく。そりゃそうね。
未練を感じながらも、単独で突然寄り道をするわけにいかない、と私も先に進みました。
自転車旅はパンクなどで時間を食うリスクが常にあるので、余裕を持って行程を進むのが大事だと思ってるんです。
しかも美術館に興味あるの私くらいだろうし、見始めたらどれだけ時間がかかることか…。
でも心にはしっかり焼き付けましたぞ。ここにこれがあることを。

そしてお次の橋は多々羅大橋。

橋に入るための登り道から撮った写真です、確か。
海の上にかかっているのが多々羅大橋です、確か…。
あれをいまから渡るのかぁなんて、橋の度に感慨に浸ってましたね。
幸せな人ですよ私は(笑)。

大橋を渡ると大三島という島に入ります。
ここは島の東側の一部だけを通過する感じで、ルートは短いんですが、島の道の駅「多々羅しまなみ公園」でおもしろいもの見つけました。

タイヤチューブの自販機です。
っていうか、自販機の中にジュースに混じってチューブがあるんです。
びっくり。さすがサイクリストの聖地(自称?)。
ジュースと並ぶと「高っ」て思う。一けた違うから。
よく見ると値段の上に「つめた~い」って書いてあるけど、買ったら冷え冷えなのでしょうか。
容器の形状からしても、缶ジュースと同じとこで冷蔵されてそうですもんね。
これ、「記念に」ってメンバーの誰かが買ったような気もするけど…どうだったかなあ。

つづく






PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/06 NONAME]
[02/12 まみまみ]
[02/06 けい]
[11/30 パパ]
[06/07 なりけい]
プロフィール
HN:
成田けい
性別:
女性
趣味:
芝居 睡眠 自転車旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
カウンター
"成田けい" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]