忍者ブログ
  敬愛するエーリッヒ・ケストナーの名作「飛ぶ教室」より名前を拝借。Das fliegendes Blog 、略して「飛ぶログ(?)」。 成田けいの他愛もない日常をぽつりぽつりと綴ってみます。記事の内容と掲載日時は必ずしも、というかほとんど合致しませんので、ご了承くださいませ。
2017-041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 03 next 05
1  2  3  4  5 
91534ad7jpeg1 お中元でもらったハムをスライスします。青じそは細く切ってもよし、みじん切りもよし。

2 フライパンに油をひき、もちを焼きます。中火で片面をほんのり色よく焼いたら、裏返します。ふたをして、ちょっと火を弱めて蒸し焼きに。

3 しばらくしたら、その横のスペースでハムを軽く焼きます。

4 もちが焼けたら塩コショウをふりかけて、皿に取り、ハムと青じそをのせます。

5 サルサソースをかけたら出来上がり。ピリッと辛くて、おいしいです。

※ ハムをベーコンに替えて、餅に巻いてもよいですよ。その場合はwithとろけるチーズがオススメ☆

PR

474196dcjpeg ホワイト aef77cf6jpeg ラブリー f2ca19f9jpeg

これ、おいしかったー♪
唐芋(さつまいものことですね)に、北海道十勝牛乳を加えて作った…スイートポテト、かな。
しっとりしてて、すごくきめが細かい食感で、味ももちろん美味。
冷蔵スイーツでなければ、みんなにも買っていきたかったなあ。

b8718802jpeg金がない。
こってり北海道でしぼりとられました。
そんなわけで現在、節約中のわたし。

カフェでお茶したい気持ちをぐっとこらえて、自宅へ帰ります。
自分でお湯を沸かし、もらい物のコーヒーでアイスコーヒーを作る。
引き出物でもらったバウムクーヘンを添えれば、ほら立派なコーヒータイム。

洗い物の手間は仕方ない。経費ゼロ円だもん。
7cc69a82jpeg 「くるんと巻いたろーるけーき」 2b1d8c00jpeg

本当は「よいとまけ」というお菓子を買いたかった。北海道に行くと言ったら母が「ぜひ、よいとまけを買って来て!」とすごい勢いで頼んできたのだ。「なにそれ?どんなお菓子?」と聞くと「ハスカップジャムをスポンジみたいので巻いてなんとかかんとか…」。ふーん、よくわからんが、思い出しただけでよだれが出そうな顔をしてる母の熱意に心打たれた私は、行きの千歳で現物をチェックし、帰りの女満別空港で買おうと決めていた。これも一つの親孝行かな♪と(←安すぎだ)。
しかし、神様はいじわるだ。女満別空港では売っていなかった。…ごめん、お母さん。親孝行はまだまだ先です。
というわけで、急遽その代わりに選んだお土産がこれ。生クリームをチョコスポンジで巻いてハスカップソースを塗りたくってあるロールケーキ。「ハスカップジャム」と「スポンジで巻いて」という、よいとまけ情報をクリアしていたのが決め手になりました。甘酸っぱくて紅茶にぴったり。甘いだけでなく、ハスカップの酸味がアクセントになっているとこがgoodです。

東京公演はハードスケジュールだった。07-06-09_17-07.jpg
この年で往復夜行バスなんてするもんじゃない。
しかも慣れない受付スタッフ、しかもしかも劇団員として仕切らねばならぬというプレッシャー。
「あおきりみかんの受付は大変」と痛いほど耳にしていたけれど、ああこういうことか、と思うこと満載。
いつも手伝ってくれる常連スタッフさんのおかげでなんとかなったけど、私は流れていく時間と仕事にずっとオロオロしていた。楽日はお昼ごはんを食べる暇もなかったくらい余裕がなかった。
そんな中、どうにも頭と心がパンクしそうだったので、事前にネットで見つけて気になっていた中国茶カフェに一人で行ってみた。一人でしんみりとしたかったのだ。
劇場からすぐ近くのそのカフェはビルの2階にあり、入口はとても小さい。階段を上ったらびっくり。入ってみた部屋もとっても小さくて、8畳くらいの空間に店員さんが一人ちょこんと座っている。お客さんはパラパラと5人くらい。席が少ないから、繁盛しているようにみえる。
店内はおしゃれで、窓が大きいせいかビルの1室なのに明るい。その窓に惹かれて窓際のはしっこに座った。一人静かにお茶を飲むのにはよさそう。入って正解、と内心ガッツポーズ。
そこは変わったシステムで、メニューは数種類の中国茶のみ、料金は一律1500円。ちょっと高い気がするけれど、お茶請けがつくし、おかわりは何杯でもできるから、誰かとずっとおしゃべりしていたいときにすごくいい。
誰かと…ずっとおしゃべり…いまの私と真反対のシチュエーションだ。一人で、しかも30分以内には戻らねばならないのだ。もももったいない。
迷ってる時間がなかったので店のおねーさんのオススメを飲んでみた。名前忘れちゃった、仏という字がついていたんだけど。「いまのお客様の感じですと…」と言って選んでくれたので、私のギリギリ感を察して仏のような穏やかな心になれるお茶を選んでくれたのかもしれない。
あったかいお茶はいいな。何かが溶けてく感じがします。このお茶も優しい味と香がして、時間がないのに3杯は飲んだ。
居心地のいい、誰かの部屋のような、そんなワンルームカフェだった。
次の公演も同じ劇場のようなので、またぜひ来ようと思う。そのときは誰かとだらだら茶が出なくなるまでおしゃべりしたい。…うーん無理かー。

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/12 まみまみ]
[02/06 けい]
[11/30 パパ]
[06/07 なりけい]
[02/10 パパ]
プロフィール
HN:
成田けい
性別:
女性
趣味:
芝居 睡眠 自転車旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
カウンター
"成田けい" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]