忍者ブログ
  敬愛するエーリッヒ・ケストナーの名作「飛ぶ教室」より名前を拝借。Das fliegende Blog 、略して「飛ぶログ(?)」。 成田けいの他愛もない日常をぽつりぽつりと綴ってみます。記事の内容と掲載日時は必ずしも、というかほとんど合致しませんので、ご了承くださいませ。
2017-091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 08 next 10
794  793  792  791  789  788  787  786  785  784 
えーすみません、5月の話です。
今年も行ってきました、ツアーオブジャパン!
去年いなべに行ったので、今年は美濃へ。

朝、スタート地点の「うだつの上がる町並み」で待ってると、選手やマシンやチームカーが目の前にぞくぞく登場!!特に有名選手にはテンション勝手に上がります!!

出走サインもこんな間近で見れちゃう。
でも、距離感あまりに近すぎて逆に声かけられないチキンな私…。ちょっと離れたとこから見守ってる方が性に合ってるみたいです(笑)。


古風な町並みに最新鋭のマシンや派手なジャージの選手が入り乱れ、ネットで見てた通りの不思議な空間になってました。ザ・ジャパンな町屋が普通にチームの控えスペースになってて、そこでくつろいだりマッサージしてる外国人選手達とか…。でもヨーロッパのレースでも歴史的な場所とか建造物とかよく出てきますもんね。ああいうノリですね、きっと。

スタート前の4賞ジャージ揃い踏みに「キャ~♪」です!


スタート時は、選手達のあとをチームカーがバンバン走って行くので、小さい子を連れて観るのは怖いなと思いました。昔の町なので道が細いんですよね。ちょっと飛び出したらすぐひかれちゃう。おとなしい子はいいけど、おふざけ大好きなうちのチビ達は絶対連れて来れんなーと思いました。

スタートを見送ったら、レンタサイクルしてフィニッシュ地点へ向かいました。本当はフィニッシュ地点の前に山岳ポイントで観戦しようと向かいかけたんですが、山岳ポイントからフィニッシュ地点がかなり距離があって。下手するとゴールに間に合わないか、間に合ってもその間のレースは全然見られないかも…という不安に駆られ、やっぱりフィニッシュ地点へ直行することに変更しました。

フィニッシュ地点へのルートは、レースのため迂回させられた橋が思いのほか遠くて、道を間違えたんじゃないかとどんどん不安になりました。が、そのあとはレースコースをほぼ並走するようなルートで、集団が来たら足を止めて応援できるし、山の中なのにアップダウンがほとんどなくて楽チンだったし、長良川の清流も美しく、シャトルバスにしなくて良かった!と心でガッツポーズしてました。

フィニッシュ会場では無料配布の五平餅をいただき、他に屋台で名宝フランクやオムそば買って食べました。朝早かったし、自転車もこいで腹ペコだったんす。去年のいなべでは無料配布も無かったし、屋台の数も少なかったので、そこは美濃の勝ちですね~。


もちろんレースも楽しみましたよ。スクリーンで展開見ながら、逃げと集団が来るたび沿道にワッと群がって、声を張り上げて…。これは去年と一緒ですね。今年は残念ながら新城選手はいなかったけど、ゴールには集団で入ってきたので、迫力あるゴールスプリントを目の前で楽しむことができました。あー大満足~。
そして表彰台。副賞に美濃関連の名産品がいっぱいで、和紙の行灯、和紙の扇子と、美濃和紙アピールに余念ない感じでした。

その後、自転車を返しにうだつの上がる街並みに戻り、ゆっくり散策して、美味しいものをゲットして帰ってきました。

食べ歩きが楽しいコロッケ。

豆菓子専門店ではいっぱい試食させてもらいました。

さてさて次はどこに観戦に行こうかな。









PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/06 NONAME]
[02/12 まみまみ]
[02/06 けい]
[11/30 パパ]
[06/07 なりけい]
プロフィール
HN:
成田けい
性別:
女性
趣味:
芝居 睡眠 自転車旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
カウンター
"成田けい" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]