忍者ブログ
  敬愛するエーリッヒ・ケストナーの名作「飛ぶ教室」より名前を拝借。Das fliegende Blog 、略して「飛ぶログ(?)」。 成田けいの他愛もない日常をぽつりぽつりと綴ってみます。記事の内容と掲載日時は必ずしも、というかほとんど合致しませんので、ご了承くださいませ。
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
58  57  56  55  54  53  52  51  50  49  48 
はい、その2です。まだおつきあいください。

カラフル2の翌日は、足助まで走りに行きました。be3f2616jpeg

晴れろー晴れろーと心で祈ったのが効きました。
晴れ…ではないものの、降水確率かなり低めの曇り。これは走りやすい!

ちょっとずるして豊田までは輪行。
そこから香嵐渓を目指します。
豊田スタジアム、初めて見ましたが立派ですね。ここにワールドカップが来なかったなんて。もったいない…。

走ること3時間くらいでしょうか。香嵐渓到着。
でも本日の予定は、足助の山をクルッと回って帰りに香嵐渓に寄るのです。
ということで素通りして、さらに進みます。どうやら川沿いを走ってるようで、道はどんどんきつい上りに。うーん、自転車沢登り?
57157c75jpeg
ぜーはー言いながらペダルを踏んでると、道行く人が応援してくれます。
「がんばれよー」「よくここまで登ったねえ」
恥ずかしいけど、うれしいもんです。
んでもって、ふと気づくと自分は空の高さにいたりします。サイコーです。

あ、ここがてっぺんだなと思った瞬間から、あとはひたすら下り。香嵐渓まで林道を一気に滑り降ります。
「上りがあれば、必ず下りがある」
峠越えをするたびに噛み締める言葉です。
人生もそうかな。苦があったり楽があったり。
だからこそ、「上った以上に下るなよ」と思いながら下りますね(笑)。

香嵐渓はさすがに観光地、家族連れやカップルで賑わっていました。
67675a45jpegもちろんもみじは赤くないのだけど、山がきれいな黄緑色に染まっていて、新緑の季節も悪くないなあと思いました。

でも、実は香嵐渓の紅葉を見た記憶がないので(小さいころに親と行ったとは思うんですが)、やっぱり次は赤く染まった山を見たいなぁ。
GWと同じく、秋の行楽シーズンは毎年稽古場に閉じこもりなもんですからね、難しいかな。いつ願いはかなうのか…?

帰りは電車を使わず自力で帰宅。暗くなる前に着いて良かった~。

このGWはよく走れました。この足助ランを含めてだいたい150km。こんなに愛車とデートできて大満足です。
公演に参加すると途端にほったらかしになるので、いまのうちに二人っきりを楽しまなくては。

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/06 NONAME]
[02/12 まみまみ]
[02/06 けい]
[11/30 パパ]
[06/07 なりけい]
プロフィール
HN:
成田けい
性別:
女性
趣味:
芝居 睡眠 自転車旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
カウンター
"成田けい" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]