忍者ブログ
  敬愛するエーリッヒ・ケストナーの名作「飛ぶ教室」より名前を拝借。Das fliegende Blog 、略して「飛ぶログ(?)」。 成田けいの他愛もない日常をぽつりぽつりと綴ってみます。記事の内容と掲載日時は必ずしも、というかほとんど合致しませんので、ご了承くださいませ。
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
103  102  101  100  99  98  97  96  95  94  93 
三日目。
走りますから!と前回書いたが実はそんなに走らない。しれとこ自然村のあるウトロを出て、昼までに斜里町役場に着かねばならないのだ。なので30kmくらいかな。

今日も天気は曇り空。気温は相変わらず「寒い」部類に入る。しかし慣れました。なによりあの深夜の寒さに比べればあったかいくらいです。

07-07-13_08-44.jpg体があったまるまではゆっくりめに走ります。右側にオホーツクを見ながら、のんびり自転車をこぐ。
名所オシンコシン滝でちょっと休憩。
←本州の滝は縦に長いイメージだけど、こちらは横に広い迫力のある滝。アイヌって感じ!(?)

しばらくして雲の合間に青空が見え始めた。わ!晴れるかも!
その後だんだん青空の見える時間が長くなり、日差しが顔を照らすように。わわ!ちょっとあったかいかも!
空の半分くらいが青空になったとき驚くことが。それまで灰色の海だったオホーツク海が、一面綺麗な青色に変わっていたのだ。
これが、オホーツクブルー…。走りながら海に見惚れる。深い青色もあれば、水色のような青もあり、いろんな青色がグラデーションをなしている。いままで見たことのない海だった。オホーツク海の持つさまざまな表情を一度に見たような気持ちだった。
07-07-13_09-11.jpg
おっと出た!「動物飛び出し注意」の看板!北海道って感じがするぅ(北海道以外にもあるんかな)。→
実際しれとこ自然村の周りには鹿がたくさんいて、車が近づいても平気な顔してるのでびっくりでした。

07-07-13_11-17.jpg無事時間までに目的地の斜里町役場へ到着。
←ここが「オホーツクサイクリング」の最終ゴール地点になります。いまから専用バスに乗り、スタート地点の雄武町へ行くのです。あさってまたここに自転車に乗って帰って来れるのか、ドキドキです。回収バスに乗せられての帰還だけはなんとしても避けたい!
07-07-13_11-18.jpg
←役場の隣には劇団シンデレラさんが知床公演を行った夢ホールがあります。こんな遠い北の大地で、しかも真冬に公演をやったなんてすごい!!
外も中もピッカピカの素敵なホールでした。

いまからバスに揺られること3時間、雄武町へ行ってきまーす。




PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/06 NONAME]
[02/12 まみまみ]
[02/06 けい]
[11/30 パパ]
[06/07 なりけい]
プロフィール
HN:
成田けい
性別:
女性
趣味:
芝居 睡眠 自転車旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
カウンター
"成田けい" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]