忍者ブログ
  敬愛するエーリッヒ・ケストナーの名作「飛ぶ教室」より名前を拝借。Das fliegende Blog 、略して「飛ぶログ(?)」。 成田けいの他愛もない日常をぽつりぽつりと綴ってみます。記事の内容と掲載日時は必ずしも、というかほとんど合致しませんので、ご了承くださいませ。
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
93  92  91  90  89  88  87  86  85  84  83 
電話の案内のとおり、しばらく国道を進むとその宿は確かに現れた。そう、実はあの牧場はまだまだ手前だったらしい。
「しばらく行くと黄色い旗がいっぱい立っている橋があります。そのすぐ横ですよ」
宿のおじさんの言葉だけを頼りに進む。と、まず橋、次にたくさんの旗、その脇に建物が見えた。これだ!
二階建てのログハウス、窓からは明るい光が放たれている。宿の名は「モシリバ」。
着いた…。ホッとしながら近づくと、逆光の中こちらに歩いてくる人影がある。宿のおじさん=オーナーがわざわざ出迎えてくれたのだ。
時刻は8時を回っている。こんな時間なのに笑顔で歓迎してくれて、ここでも北海道人の大きさを感じた。
「今日は(あなたたちと)同じような方がたくさんいますよ」
f76360afjpeg見ると、自転車が5台ほど停まっている。なるほど、こりゃにぎやかそうだ。

中に入ると、今度は宿の奥さんが笑顔で迎えてくれた。バンダナをしていて、失礼ながら白髪の髪にそれが似合ってかわいらしい。
「寒かったでしょう。先にお風呂を」
こんなに遅くなったのに、いやがられるどころかこの優しい言葉。じんわりきます。
ということで、さっそくあったまることに。
お風呂は共同で小さいのだけど、湯船に入ってびっくり!お湯の温度がドンピシャちょうどいいのです。到着時間が分単位でわかってたんじゃないかってくらい絶妙な湯加減で、これ以上熱くてもだめ、冷めてもだめ。寒風に冷え切った体をぐんぐん温めてくれる、それでもずっと入っていられるような…。「この宿すごいなー…」
風呂のあとには、夕食の感動が待ってました。
夕食は「カラフトマスのちゃんちゃん焼き」。なんとカラフトマスがまるまる一匹切り身でいただけるのですよ!そのでかいこと!写真を取り忘れたことが無念。
大きなホットプレートにマスを載せ、その周りに野菜を敷き詰め、上から特製のタレをかける。ジュジューといい音が!他にオーナーが釣った魚や、自家栽培のお野菜など、北海道の美味満載。腹ペコだった私は天国のような食事を味わった。

隣のテーブルには5人の男女がいて、とうに食事を終え楽しく談笑していた。どうやらさきほどの自転車は彼女達のもののようだ。後で聞いたところスポーツクラブで知り合った仲間とのこと。30~50才くらいに見えたけど、普段はMTBで山を走ったり、トライアスロンの選手だったりという、とてもパワフルで明るい人たちだった。
尋ねられ「自転車で来た」というと、旅の話に花が咲いた。
彼女達は、私がこれから行く方向から来たようで、「○○町に熊が出たらしい」とか「知床峠はとてもつらかった」とか「空輸は国内線ならまず大丈夫」とか、いろいろアドバイスを聞かせてもらった。すぐ横のラウンジにはバイクで旅しているお兄さんもいて、ときどき彼を巻き込みながら(お兄さんはシャイなのか口数が少なかったけど)、楽しくおしゃべりの時間が過ぎていった。

dde68e53jpeg部屋はログハウスの2階で、すごく雰囲気が良かった。壁も床も天井ももちろん木。屋根裏のような斜めの天井の下にベッド。窓際には木のテーブルとイス。昔絵本で見た森の中のおうちって、中はこんなだったんじゃないかな。思わずにんまりしてしまう。
就寝時に部屋の中のヒーターを消すことは不安だった。昼間あれだけ寒かったのだ。ここは北海道、夜は一体どれだけ寒くなるのか。いつでも着れるよう上着を枕元においてベッドに入った。
しかし。寒くなるどころかすぐに体はポカポカになり、冷え性の私があっというまに眠りに落ちた(まぁ寝つきがいいのはいつものことですが…)。そのあともヌクヌクと眠り627954c5jpegこけ、唯一夢の中でペダルを踏もうとして本当に脚を動かし目が覚めた以外は、朝まで快眠できたのでした。「雪国のふとんてすごいなー…」

こうして二日目の朝がやってきた。旅での時間は無駄にできない、朝食をいただいたらすぐに出発。
宿の前でみんなと旅の成功を願い合い、別れの挨拶を交わす。バイカーのお兄さんが「僕も今日は知床峠に行くんですよ」と教えてくれた。「じゃあ絶対抜かされちゃいますね(笑)」そう言って、みんなより一足先にこぎ出した。
オーナーご夫妻、ワタナベさん始めスポクラ仲間のみなさん、バイクのお兄さん、楽しい一夜をありがとう♪また北海道の大地で会いたいですね。

待て次号

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
無題
おおー!素敵な体験ですな。
けいちゃん、素敵。
がーでにあ EDIT
at : 2007/08/11(Sat) 20:50:59
ありがとー!
うん、すごく楽しかったよ!宿でのこんな一夜も旅の醍醐味だねえ。
なりけい EDIT
at : 2007/08/14(Tue) 10:20:51
TRACKBACK URL 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/06 NONAME]
[02/12 まみまみ]
[02/06 けい]
[11/30 パパ]
[06/07 なりけい]
プロフィール
HN:
成田けい
性別:
女性
趣味:
芝居 睡眠 自転車旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
カウンター
"成田けい" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]