忍者ブログ
  敬愛するエーリッヒ・ケストナーの名作「飛ぶ教室」より名前を拝借。Das fliegende Blog 、略して「飛ぶログ(?)」。 成田けいの他愛もない日常をぽつりぽつりと綴ってみます。記事の内容と掲載日時は必ずしも、というかほとんど合致しませんので、ご了承くださいませ。
2017-061 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 05 next 07
96  95  94  93  92  91  90  89  88  87  86 
今日もどんよ曇り空。
昨夜真っ暗闇で見ることのできなかった太平洋と国後島を右手に見ながら、国道を知床岬の方へと進む。国後島は前から見るのを楽しみにしていた。私の中では、青空の下に壮大な国後島があり、キラキラと海面は輝b6bddabdjpegいて、カモメと一緒に走る私…。
なのに、海は灰色、島は雲に霞みがち…。うーん、イメージと違うっっっ(悲)!景色は“日本海”だし、相変わらず寒いし、今日も快適なライドはできそうにないな~と早くもあきらめモード。
30分ほど走ったところでコーヒーを買うため自販機に立ち寄る。「あったか~い」を探すが…当然ないわな。代わりにこんなもの見つけました。
←北海道限定、知床半島ジョージア!
おおーさすが世界遺産!て思ったけど、これむしろ北海道以外の所でやったほうがいいんじゃないですかねえ。日本の中の世界遺産シリーズとか銘打って、白川郷とか屋久島とかとタイアップして、観光をアピールするっていう…まぁどうでもいいか。あんまり観光地化されてしまうのも寂しいですしね、世界遺産は遠くから見守るくらいでちょうどいいのかもしれません。いまから登るんですけどね。

885c9c01jpeg宿を出て1時間ほどで、海鮮料理で有名(らしい)な「まるみ」に到着。ここは知床“通”のフローレスともこさんに教えていただいたお店。
朝食を食べてからまだ1時間半しか経っていないのに食事はちょっと無謀かなーと思いつつ、しかし魚貝類好きの私としては外すことはできない。ここはいっちょ味わおうぞ!と暖簾をくぐる。
迷わずともこさんオススメの「いくら丼」を注文。そのでかいこと!
←いくらでご飯が見えにゃーい。
いくらの海に溺れそうになりながら必死で食べる。うまい~が、やはり朝食の分だけ入らない。どうしても全部は食べれなかったけど、かなりがんばりました。残してごめんなさい、次は絶対腹ペコで来ますっ。
左下に見えてる蟹汁もだしが効いててメチャおいしかったよー♪

お腹の燃料タンクをパンパンにしたところで、いよいよ知床峠の入口は目の前。左手には知床連山、国道はその中へ突き刺さるように左へ大きくカーブしていく。別れてまっすぐ行く道もあるけど、進んでも岬へは立ち入りが許されていない。つまり、いつかは行き止まりになるってこと。オホーツク海側に出たければ、この峠を越えるしかない!
果たして無事山を越えられるのか?矢作ダムライドの成果がここで試される。

待て次号。



PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
期間限定
の比例代表制で 国際 多面 ホームページ しかし
URL 2007/08/21(Tue)01:47:13
国後島 日本の制度上は、 北海道根室支庁に所属し、国後郡泊村と留夜別村がおかれている
国後島(くなしりとう、ロシア語地名:о.Кунашир)は、北海道知床半島の東にあり、千島列島(ロシア語地名:クリル諸島 Курильские острова)の最南に位置する島です。この島に先住していたアイヌ人はアイヌ語でクナシルと呼んでおり、ロシア語も国際標記もこれに従っている。現在、国後島はロシア連邦の実効支配下にあって、 サハリン州南クリル管区に属しています。 2007年4月1日時点に於いて日本の施政権は全く及んでいません。しかし 日本固有の領土である北方領土の一つと...
URL 2007/09/23(Sun)08:56:40
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/06 NONAME]
[02/12 まみまみ]
[02/06 けい]
[11/30 パパ]
[06/07 なりけい]
プロフィール
HN:
成田けい
性別:
女性
趣味:
芝居 睡眠 自転車旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
カウンター
"成田けい" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]