忍者ブログ
  敬愛するエーリッヒ・ケストナーの名作「飛ぶ教室」より名前を拝借。Das fliegende Blog 、略して「飛ぶログ(?)」。 成田けいの他愛もない日常をぽつりぽつりと綴ってみます。記事の内容と掲載日時は必ずしも、というかほとんど合致しませんので、ご了承くださいませ。
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
1  2  3  4  5  6  7 
ちょっと前の話です。
2007年のツールドフランスからサイクルロードレースのテレビ観戦を始めて、ずっと思ってたことがあります。
「いつか生で観てみたい!!」
でも、ちびも小さいし、預けてまで行って、楽しめるものなのか。
観戦作法も知らなければ、観戦経験のある友人もいない。
行ったはいいが、おもいっきり場違いだったらどうしよう。
と、長年尻込みしてました。
でも今年は、「もーいいかげん、とりあえず行ってみよう!!!」という気持ちになれました。
私が見始めたころに活躍していた選手がどんどん引退していて、その焦りも背中を押しましたね。
また、いま思えば劇団を退団したのも大きかったです。それまで、なんとなくあえて行かなかったっていうか、我慢してたのもあるなと。子供できてから、特に二人目産んでからは、地方公演が二つも三つもあるような公演は参加が厳しくて。でもやっぱり一番したかったのはずっと「出演」だったので、一種の願掛けっていうか。体づくりになるツーリングはともかく、観戦で「参加」を使っちゃうのはもったいないぞと。いつかのために取っておきたい、みたいな感覚があって。でもその「いつか」を待つのも待ちきれなくて、無理無理参加してみたらやっぱりパンクしてしまって、退団を決意したわけなんです。
だから、私を遮るものはもう何もない!
と、行ってみました、ツアーオブジャパンいなべステージ。
結論から言うと…。
「全然楽しいじゃんっ!!!」
メイン会場に行ったのですが、大画面でバイクカメラの映像を中継していて、実況と解説もしてるので、レースの展開がちゃんとわかります。
周回コースで、20~25分間隔で何度も選手が会場を通るので、そのたびにわっとコース沿いに集まり、声援を飛ばして、過ぎ去るとバラバラと散って、ブースをまわったり、中継を見たり、食事をしたり…全く退屈しませんでした。(自転車に興味ない人は1時間いれば充分って場所かもですが(笑)。)
間近で走る抜けるプロトンは大迫力です。
目の前を通るたびに「速いー!かっこいいーーー!!」とずっと興奮状態でした。

観戦初心者だったのでビビッてメイン会場だけにいたのですが、スタート地点や上り坂ゾーンでの観戦を楽しんでから来られた方もいらして、次はそういうのもしたいなと思いました。
また、ツアーオブジャパンは新城選手が大怪我からの復帰レースだったので、ずっとテレビで海外レースで活躍する姿を見てきた分、生で走る彼を見れたのはラッキーというか、嬉しかったですね。
で、私はもうあのARASHIROを見れただけで満足…て感じで帰ったのですが。

私がおちょぼツーリングですっころばせてしまったこの人は、ばっちりサインをもらった様子。
どうも落車のあとドクターストップかかってるのに佐渡ロングライドも走り切ったらしく…。
すごい!さすがです!!



PR
自転車、相も変わらず時々しか乗っていないのですが。
ロングライドというと、春にショップのイベントで走りまして。
おちょぼ稲荷に行って帰って70km、みたいなイベントだったんですが。
その時、衝撃的なことが起きました。

わたし、人を落車させちゃったんです…。

走行中にボトルが落ちて、すぐ後ろの人が乗り上げて、バターン!と。
車が走っていなかったのは不幸中の幸いでしたが、ジャージ破れて擦過傷見えてるし、打ち付けられて痛そうで…。手当はお連れの方がされたので、私はそばでおろおろ謝るばかり。
その方は再び走り出すことができて、みんなでおちょぼ稲荷へ到着したのですが。
申し訳なさと、やってしまったショックで、私のテンションは内心ダダ下がり。
あれが無かったらもっと楽しかったはずなのに…と思いながら串カツをいただきました。
いや、串カツはおいしかったですけど。ていうか、たいやきも、ジェラートも食べましたけども。
帰りは信号で止まるたびにボトルチェックをしていました。
装備品を落とさないよう、以後気をつけます!


2014年7月の話です。

レンタカーで宿まで1時間。
しかししかし。初めての子連れ二人旅、しかもボランティア、緊張の連続だったせいか、運転の途中で猛烈に気持ち悪くなってしまいました。
おえーってなるのをこらえながら、あと30分もこれかー…と。信号で減速するたびに吐き気がして。頭痛もひどくて、薬飲んだのかな。逆に吐くだろうなと思ったので、そのまま我慢したかもしれません。
子供を乗せてるから絶対事故だけは起こせない!と、その気持ちだけは強く持ち、なんとか七ヶ浜の宿に到着。
フラフラしながら荷物を下ろして、入り口に入ったら、宿のひとが心配して部屋にすぐ布団を敷いてくれました。

部屋は2階で、窓からは海が見える、たぶん一番いいお部屋。
ああ、この海が、あの日…と思いました。

そこで横になってたかったのですが。
民宿で、それなりに古くて、私たち以外にお客がいないものだから。
長男「ママ、こわい。起きて。1階に行きたい」
ママがいるから大丈夫だよ、ママ気持ちが悪いの、と言っても、しばらくすると「ママ、こわい。1階に行きたい、起きて」
不安な気持ちもわかるし、もともとちょっと怖がりなんです。5歳ですからね、こう言われたら寝てなんていられません。
またフラフラしながら1階に降りて、ロビーで長男と絵を書いてました。
横になりたかったけど、こういうトラブルも覚悟のうちだし。

そのうちすっかり暗くなって。
お夕飯の用意ができましたと言われたときは、まだ気持ち悪くて食べれなくて。でも部屋に戻って布団で長男とゴロゴロしてたら良くなったので、おいしいお料理をいただきました。魚介類中心だったので長男はほとんど食べなかったはず。コンビニで買ったおにぎりでも食べたんだっけ。

波の音が聞こえたのかなあ。
のんびりお部屋で過ごした、二人きりの貴重な時間。
お風呂に入って、布団でずっとゴロゴロしてたような。
そのうち息子も私も眠ってました。

つづく





ノープランでちょっとライドをしまして。スマホによると25㎞くらいなはずなのに、私のサイコンはなぜか15㎞…。走り良い道でもなく、距離も気持ちもなんだか中途半端。
でも、フラッと和菓子屋さんでいちご大福ゲットしたからいいってことにします~。



あれから3年経っちゃいましたね。厳密にはその手前なのかな。
やっと旅もフィナーレですよ~。


松江市でみんなと別れました。
幹事K氏とH氏は飛行機組。手配いろいろありがとう!
S氏夫妻は松江で和菓子を買うのでと言ってサヨナラ。ボーダーフリーな素敵な奥様でした。
またいつか一緒に旅ができたら!

で、私はK嬢と二人で新幹線に乗りました。

はい、帰りの駅弁!
「出雲美人」…ネーミングでチョイス。ぜひぜひなりたいものです。

中はこんな感じ。
古代ロマンを感じますね!なんとなく!
美味しかったです、確か(3年前の記憶なのですみません…笑)。

そのあと、二人とも疲れて、寝ていた気がします。
盛りだくさんな楽しい旅でしたから。

そうそう、しょっぱなの乗車日間違い切符ランクダウン事件は(もう覚えてないですよね、汗)、ちゃんと差額を払い戻してもらうことができました。
よかったよかった。

で、次はサンライズ瀬戸で四国に行こうって話になってます。
ほんとかなー、でも実現したい!!

その1からここまで読んでくださったあなた、そうでないあなたにも、感謝です。
みなさんもよい旅を。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/06 NONAME]
[02/12 まみまみ]
[02/06 けい]
[11/30 パパ]
[06/07 なりけい]
プロフィール
HN:
成田けい
性別:
女性
趣味:
芝居 睡眠 自転車旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
カウンター
"成田けい" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]